女性は男の欲望の捌け口じゃないんだぞ

2019年1月17日

こんばんは。
各種社会問題には高い関心を持つPeterです。

皆さん、change.orgというサイトをご存知でしょうか?

 

様々な社会問題等に対し、インターネット上で署名を集め声を届けられるというシステムを運営しているサイトです

私も登録しており、関心のあるキャンペーンにはしばしば署名しています。
本日はこんなキャンペーンに協力してほしいとメールが来ていましたので、記事にしてみます。

女性を軽視した出版を取り下げて謝って下さい

 

始まりは週刊誌の下劣極まりない特集

そもそもは扶桑社の週刊SPAに掲載された

”ヤレる女子大学生RANKING”

という、見出しだけで吐き気を催すような特集が掲載されたことが始まりでした。

えーと内容は・・・説明するまでもないですよね?文字通りです。
って言うか口に出すのも文字に起こすのも嫌ですよ、こんなもん。

ちなみに大学名もボカすことすらせずしっかり実名で掲載されてます。

 

よくこんな企画通ったなぁ・・・誰も止める人はいなかったの?
色んな意味で凄いね。

 

 

女性蔑視社会だからこんな記事が出てくる 

以前の記事でも書いたんですけど、この国って女性蔑視・差別が凄いですよね。

 

欲望の捌け口としか見てなけりゃ、こんな記事書けませんし発想すらしないですよ。そもそも。
書く人間も凄いですけど、こんなの読んで喜んでる層ってどんな人たちなんでしょうね。

更に驚きなのがこれ、成人雑誌の類じゃなく普通の週刊誌なんですよ。
成人雑誌なら、日本のそれは他国に比べて遥かに弱いと言えどもゾーニングされてますから、
ここまで大きな騒ぎにはなっていなかったかもしれません。

 

 

まさに日本の恥      

普通の週刊誌ってことはさぁ、

もしかしてこんな見出しが電車の中吊り広告なんかにデカデカと載ってたわけ?

日本語のできる海外の方が見かけたらどう思うでしょうね。
この特集が掲載された中吊り広告が無かったことを祈るばかりです。

 

つーかもう既に、BBCやIndependent、フィリピンやニュージーランドに
オーストラリアからインドまで世界各国のメディアに取り上げられちゃってるので世界中に恥晒してるんですけどね!

医科大学が女学生を減点していたことや、救助のために土俵に上がった女性が批難された件などと共に、日本のジェンダー意識の低さを問題視する内容になっています。

 

 

古い考えから進歩しない日本人        

言うまでもなく超少子高齢化が進行している日本は”年老いた国”です。

こういったジェンダー意識に関する問題やハラスメントなど、
ありとあらゆる人権問題がなかなか進歩しないのは、
人権侵害が当たり前だった時代から生きている人ばっかだからだと思うんですよ。

若い人が少ないから意識の刷新が行われない。

 

また、SNSが発達した現代ではこういう問題は世界中に瞬く間に拡散されます。
この件然り、ナチスを見習えだとかLGBTは生産性が無いなんて言ったバカな政治屋どもの発言然り。他国でも大きく取り上げられました。

いい加減学習してもよさそうなもんですが、
バカな行為や発言はあっと言う間に世界に広まる、ということがいつまで経っても理解できないのも、老いた人間ばかりで変わりゆく世界に頭が追いついていないのが原因なのではないでしょうか。

 

 

まとめ          

こんな記事が企画されて誰にも止められず、世に出てくる日本社会って一体どうなってるんですかね。

一応出版社からは形ばかりの謝罪がされましたが、本質をぼかすばかりで
とりあえず形だけ謝っときゃいいやみたいな態度に、女性たちの怒りは当然収まるはずもなく。

 

キャンペーン主催者である女性は現在、扶桑社に対談を申し込んでいるとのこと。
ここまで騒ぎが大きくなってしまった以上はフジサンケイグループ、
扶桑社側としても無視することはできないでしょう。

出る杭は打たれる社会でこうやって行動を起こせる人には敬意を表します。

 

 

キャンペーンはまだ続いていますので関心のある方は是非、署名してみて下さい。

一人一人では小さな弱い力でも、それが合わされば世の中は動かせるはずです。