ココナラで似顔絵を描いてもらった話

2019年1月25日

こんにちは、旧ブログからの引っ越し作業に手間取っているPeterです。

 

皆様、ココナラというサイトはご存知でしょうか?
こちらは物品ではなく”スキルを売り買いする”という新しいスタイルのオンラインマーケットです。

 

 

カウンセリングなど相談事やwebサイト制作、翻訳にビジネスサポートから代行業まで、
特定の技術や知識に精通した人達に依頼をし、仕事をしてもらうわけです。

旧ブログからずーっとプロフィール画像なしでやってきたのですが、
それも何だか味気ないので今回、ココナラで依頼して似顔絵を描いてもらいました。

 

今日はその流れをざっと紹介。

 

 

会員登録から依頼まで    

どこのサイトを利用するのも同じだと思いますが会員登録をします。
細かく説明するほどのことでもないので割愛。

今回は似顔絵を描いてもらうことが目的なので、サイト内で『似顔絵』と検索。
色んな方が ”スキルを出品” してますので絵柄や値段など自分に合う方を探します。

相場は大体2~3千円でしょうかね。

今回私が依頼した方は、ココナラでのサービスを始めた直後だということで、特別価格の千円でした。

 

仕事を依頼する 

自分の条件に合う絵を描いてくれそうな方を見かけたら、お仕事を依頼しましょう。
予め金額が提示されていてそれを支払えば即成立という方もいれば、
まずは見積もりから始まって話し合いで金額を決める、という方もいるようです。
今回は前者のパターンでした。

支払いはクレジットカードやBit cash、ケータイ払いなど色々あります。

入金後に取引終了まで出品者とお話しできるトークルームが開設されます。
そこで今回は似顔絵ですので、参考にして頂くための私の写真を送信したり、
服装はこうして欲しいなどリクエストをしたりしました。

 

納期は1週間とのこと。

 

そして完成           

3日ほど経った頃に下書きが送られてきました。
変更して欲しい点があれば修正してもらえるそうですが、
何の問題も無かったのでそのまま着色、仕上げをお願いしますと返信。

ただし着色に際して、以前サングラスの記事で書いた私のアイデンティティである、
明るめの瞳の色に関するリクエストをしておきました。

それから更に3日後、完成品が送られてきました。
それがこちら。

実物は眉毛がもう少しゲジゲジしてるけど、自分を漫画っぽくしたらこんなのだろな~。

最後に出品者さんに感謝の旨を述べ、評価して取引は無事終了です。

まとめ             

オンラインマーケットと言えば物品とお金のやり取りというイメージでしたが、
知識や技術で売買するとは誰でも思いつきそうで思いつかない、画期的なサービスですよね!


このサービスを活用すればアイディア次第で何か新たな、
面白い商売を生み出せそうな気がします。


とりあえず私にも何か出品できる物は無いかな?
・・・・・無いな。