専門知識は無いけど、子供のしつけについて考えてみる

2019年1月17日

こんばんは、Peterです。

新年早々、マンションから2歳の子供が転落死してしまうという
何とも痛ましいニュースが入ってきました。

 

 

事故の原因は”しつけ”

事故が起きた原因は言うことを聞かない子供を躾けるために、ベランダへ放り出して閉め出したことによるものです。

柵の高さは1・2mほどだったそうで2歳児ならば本来乗り越えられることはないんでしょうが、
付近に置かれていた水槽を足場にして乗り越え、落下してしまったようですね。

 

さて。

私自身も小さい頃に何度か家から追い出されたことがありますし、
兄夫婦もしばしば躾の為に子供を閉め出すことがあると言います。

我が家だけかと思えば今回のようなニュースもありますし、
ネット上で情報を集めてみても家から閉め出すというのは、
割とどこの家庭でもやってる一般的な躾の手法のようですね。

 

 

でもさぁ・・・私個人の意見を言わせてもらえば、

よくそんな危ないことできるよなぁ

って思うんですよ。

 

 

子供の行動は予測不能

私は未婚ですので四六時中子供の面倒を見ているわけではありません。

それでも、たまに甥や姪の面倒を見ている時ですらよく思わされるんですけど、
子供って何やるかほんと予測できないんですよ。

 

だからこそ出かけた時なんかは片時も目を離さないのが当たり前になってますし、
最近では子供用のリードが世間に浸透していたりします。

 

それだけ気を遣う親が増えてきているのに、
何で未だに家から閉め出すだなんて恐ろしい手法が罷り通っているのでしょうか?

見知らぬ人に声を掛けられるだけで警戒するような世の中になってるくせに、
躾と称して子供を一人屋外に放置できる神経が理解できないです。

 

フラッとどこかへ行っちゃって行方不明になったり誘拐されたり、
事故に遭ったりしちゃったらどうすんの?

 

 

そもそも閉め出す意味ってあるの?

躾の為だとは言いますがそもそも、小さい子供を閉め出すのって意味あるんでしょうか?
恐怖や不安を感じこそすれ、幼子が頭を冷やして反省するとはとても思えません。

結局は恐がらせて、恐怖で言うことを聞かせているだけだと思うんですよ。

 

以前に子供を脅して躾けるって、どうなのよの記事でも書きましたが、
この国では労働者も学生の部活も、そして子供の教育でもこういう形で、
恐怖で相手を縛るというやり方が蔓延してますよね。

労働者は厳しいノルマやパワハラといった労働環境、
部活はミスした選手を執拗に責めて吊るし上げたり、罰を与えたり。

 

恐怖による統制って即効性はあるのかもしれませんけど、
仕事にしろ部活にしろ絶対本来の実力は発揮できなくなっちゃうと思うんですよね。
萎縮しちゃって。

それが多感な時期の子供となると、悪影響しかないと思うんだけどな。

 

人格形成にも大きな影響を与えているんじゃないだろうか

突然ですが日本人って物凄く悲観的ですよね。
かく言う私も超ネガティブ思考の持ち主です。

日本人の実に97%が不安や恐怖を感じやすい遺伝子を持っている、という話がありますよね。

 

これはあくまで私の個人的な考え方に過ぎないんですけど、
日本人が悲観的だったり臆病だったりするのって遺伝の問題だけでなく、
脅したり恐がらせて言うことを聞かせる幼少期の教育も大きいと思うんですよ。

最近では子供を脅すアプリがありますし、
私が小さい頃は「言うこと聞かないとオバケが来るよ!」などと言われたものです。

従わないと恐い目に遭わせるぞと脅される躾、経験したことのある人も多いのでは?

 

前段にリンクを貼った記事では、幼い頃に理不尽な叱られ方をしたせいで今も持つ私のトラウマについて触れています。
近年よく耳にするアダルトチルドレンにも関係していることですが、
幼い頃のトラウマをいつまでも引きずるという話は珍しいものではないようですね。

 

まとめ

この国は育児に関する制度にしろ、個々が意識すべき躾や教育にしろ一度徹底的に、
真剣に見直した方が良いんじゃないかなと思います。

今回の件に関しては虐待ではなく殺意も無かったでしょうから親御さんもさぞ辛いんでしょうが、
こういうのって絶対に起こっちゃいけない事件なんですよ。
※狭義の意味での虐待ではないものの、こういった案件は私的には広義の意味では虐待に当たると思いますが

 

ただでさえ結婚できない人が増えて子供激減してるってのに、
自殺だ事故だ虐待だと減らしまくってどうすんですか?

子供が安全に、健やかに成長できる環境整えなきゃ、マジで日本人は自然消滅しちゃいますよ。
このままだと。